お面いろいろ

お面と言えば鬼の面ですか。

今年の正月も娘は獅子舞に頭をかまれました。

 

獅子舞もお面か。

 

能面など見てみると「怖い」ものから「へん」なものまでいろいろありますね。

 

その昔、小金井に花見に来た人々の間で「仮装」が流行っていたとか。

 

KyklopSketchで作ったお面をつけた子供が、街の中を遊んでいるなんていうのは面白いと思いました。

路地を曲がったらヘンテコな顔の誰?というのは少し怖いか。

 

 

 

 

2012年

8月

30日

夏休み

写真A
写真A

去年から、子供向けのワークショップをやらしていただいたり、自宅でお絵描き教室をはじめてみたりと、盛り上がってみたり、凹んだり。

 

次回の教室は何にするか。参考になる工作本など見つつ、ネタを考える。

 

「どーせ子供にやらせることだから」とはじめのうちはパラパラでチラチラなのだけれども、そのうち「こうしたらどうだろう」と欲が産まれる。この「欲」というのは良い意味でも悪い意味でも作品に影響を与えるというか、「その子の意欲」に直接響く。結構、悩むところです。

 

写真Aは、遊び文化NPO小金井こらぼさんの企画で楽器を作るワークショップをおこない、作ってもらったもの。カンカン鳴る金属を竹串で叩いて、紙コップに糸電話の要領で音を送り鳴らすもの。

このワークショップは2回の連続もので、一日目に楽器制作、二日目に演奏というものにしました。

 

どんどん作り込む子と、途方に暮れる子と、別な遊びをしてしまう子など千差万別。2時間でみんな完成させてくれました。もう少しかかったかな。。。。。。まぁ、約2時間で。

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

31日

日々。

29日の日曜日は阪田宏彰さんひきいる008のコンサートが渋谷のさくらホールでおこなわれ、ビデオの撮影をやってまいりました!

 

素晴らしい演奏。トークも聞こえました!!クオリティーが高いってこういうことなのですね。

43歳にして初めて知りました。うふ。

 

撮影終了後、帰宅。友人がお土産に水風船をしこたま持って来てくれていました。

かみさんと、娘がバシャンバシャン遊んでいた。ヨーヨーのように遊ぶものですが、逆さに打つ遊び方もあるそうで「上級者レベルなのだ」と得意げなかみさんでした。

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2012年

7月

16日

縁側を挟んでvol.1「バリ舞踊の夕べ」無事終了

本日、縁側を挟んでvol.1「バリ舞踊の夕べ」がめでたく無事終了しました!!

 

ご来場いただいた皆様には本当に感謝です。

 

 

近頃は月々に何らかのイベント(誕生日会やら突発的な飲み会とか。。)があって、それは普通に飲み会なのでもちろん楽しいわけですが、写真で見てもわかっていただけると思いますが、複数の人間が六畳間に向きながら、何かおこることを待っているっていうのは、なかなか味わえない経験だったわけです。あまりに面白かったので写真撮ってしまいました。かしゃ。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

6月

20日

最近の作品

なんとも更新べたなのがよろしくないので、一気に最近の作品をアップ。

 

お題を考えるときにいつも「これで何ができあがるのか?」「ついてきてもらえるもんだろうか?」

などと思うのだけれども、お題にしばられるでもなく、思い思いに手を動かすと、すてきなものが出来上がりますね。

 

脱線しますが、ダンゴムシ。

 

身を隠しながら、、、石の下、葉っぱの下などをむやみやたらにひっくり返され、灼熱の手のひら地獄に遭遇した後、塀でかこまれた箱の中へコロコロ。

「キャー」だの「わー」だの大声をかけられ、指や棒でつつかれ、命からがら脱そう。

 

ほんと、ごくろうさまです。。。。はい。

0 コメント

2012年

3月

16日

第3回『なんのタマゴ?』

第3回 KyklopSketchは「なんのタマゴ?」です。

 

パカッとパリッと割れたタマゴからうまれたのはなに?!

 

よーく考えてみよう。

 


日時:2月27日(月)14:00〜 15:00〜
対象:子供から大人まで
参加費:500円

 

早めのお申し込みは・・・

kyklopsketch@gmail.com

 

もちろん当日参加も大歓迎です!!

0 コメント

2012年

2月

10日

お面いろいろ

お面と言えば鬼の面ですか。

今年の正月も娘は獅子舞に頭をかまれました。

 

獅子舞もお面か。

 

能面など見てみると「怖い」ものから「へん」なものまでいろいろありますね。

 

その昔、小金井に花見に来た人々の間で「仮装」が流行っていたとか。

 

KyklopSketchで作ったお面をつけた子供が、街の中を遊んでいるなんていうのは面白いと思いました。

路地を曲がったらヘンテコな顔の誰?というのは少し怖いか。

 

 

 

 

0 コメント

2012年

2月

08日

丸が描けない?!

文章など書くときに最後をしめるのは○。ほとんどの人々が○を書くにもかかわらず「○を描いてみよう!」というと「えーかけない。。」という人がいました。

何でもいいから丸を描いてみようよと何度もいうとしぶしぶ描いて「こんなんでいいのかな。」と自信なさげ。と、これは大人の場合なのか。

子供たちに漠然と「丸を描いてみてね。」というと、見る見るうちに丸が出来上がります。これは子供だからでしょうか?

 

「描くことを躊躇させるのは何か?」描こうとするとわかるのかもしれませんね。

0 コメント

What's New

2012年

8月

30日

夏休み

写真A
写真A

去年から、子供向けのワークショップをやらしていただいたり、自宅でお絵描き教室をはじめてみたりと、盛り上がってみたり、凹んだり。

 

次回の教室は何にするか。参考になる工作本など見つつ、ネタを考える。

 

「どーせ子供にやらせることだから」とはじめのうちはパラパラでチラチラなのだけれども、そのうち「こうしたらどうだろう」と欲が産まれる。この「欲」というのは良い意味でも悪い意味でも作品に影響を与えるというか、「その子の意欲」に直接響く。結構、悩むところです。

 

写真Aは、遊び文化NPO小金井こらぼさんの企画で楽器を作るワークショップをおこない、作ってもらったもの。カンカン鳴る金属を竹串で叩いて、紙コップに糸電話の要領で音を送り鳴らすもの。

このワークショップは2回の連続もので、一日目に楽器制作、二日目に演奏というものにしました。

 

どんどん作り込む子と、途方に暮れる子と、別な遊びをしてしまう子など千差万別。2時間でみんな完成させてくれました。もう少しかかったかな。。。。。。まぁ、約2時間で。

 

 

写真B 演奏する子供たち
写真B 演奏する子供たち

二日目。自作楽器で演奏。去年から相方を請け負ってくれているパーカッショニストのカワイ・ヒトシさん指揮のもと、子供たちに演奏してもらったものを録音していきます。

カワイさんと子供たちの真剣勝負です(カワイさんはそう思ってないとは思いますが。)。

「カワイさんに合わせて鳴らしてください。」と合図で合わせるも、ピタッと合わせられず、こぼれる音がチラパラ。。。。しかし、このチラパラが良いのです。美しい。

 

さて、録音した音をどうするか。。。。。。そのまま使えるところもあるし、そうでないところもあります。「編集するというのは奥の手か。」と毎回「手を加えること」にビビるわけですが、必要最低限、手を加えることで、曲らしいものに仕上げるのはこれからの作業ってことで。子供とできれば良いのかもしれませんが、それは少々難しいことか。まぁ、ゆっくりやるとしよう。そうしよう。

 

なんだか。いろんなことがあった夏です。このブログでバーっと記してしまおうと思いましたが、今、自分がカオスです。続きは別な機会に。

 

小金井市本町から平林がお送りしました。

 

 

0 コメント